理学療法士の学費に困ったら奥の手を使おう

医者

人を救う仕事

看護師

看護は患者やそのご家族の生死やメンタリティに携わる重要な職業であるため、必要なスキルを習得できる専門学校への通学を選択する人が多いです。資格や提携先が各専門学校で異なるので、事前に調べておくことが大切です。

Read More

看護師の合格率の高い学校

ナース

将来的に看護師になりたい方は国家資格が必要です。戸田中央看護専門学校は100パーセントの国家資格の合格率を誇っています。首都圏の総合病院や介護老人施設の多くと提携しており、卒業生がたくさん働いています。学校のモットーは礼、智、技であり、看護師に必要な精神を学べます。看護師になってから価値がわかる学校です。

Read More

費用と夢を検討する

貯金箱

意外と差はない

理学療法士になるためには、必ず厚生労働省が認め専門学校か大学に通う必要があります。それだけではなく、卒業を認められる事で、やっと受験資格を得るのであって、国家試験に合格する必要があります。大学は4年制ですが、専門学校は3年制と4年制の2通りあります。一見すると1年多い4年制の方が、学費は高く思うでしょう。修得すべきカリキュラムの量は双方同じであり、3年制は4年制より詰めた日程になっています。学費を比較すると4年制で年間平均100万円。3年制で年間130万円となっています。実は学費にそれ程大きな差はありません。また、3年制はカリキュラムは比較的詰めた日程ですので、付いていく事が大変でもあり、留年の可能性も高いです。理学療法士を目指す為に学校を選ぶ際、1年でも早くなりたいと強い覚悟があるなら3年を。ゆっくり着実になりたいなら4年にと言えます。

負担を減らせる制度

理学療法士の学校選びでは、学校の質や合格率、就職状況は外せません。もう1つ重要なのは学費でしょう。学校には大学と専門学校があります。大学はこの中で1番学費は高くなっています。理由は大学は学士を得る所だからです。専門的な教育以外にも一般教養も学び、卒業年には卒業論文を作成する必要があります。専門学校も年間100万円以上の学費が必要であり、共にそれ以外に教科書代や実習費用も必要となります。理学療法士になるためには相応に高い費用が必要になります。少しでも費用負担を軽くする方法に奨学金制度があります。何年間か働いた後に返す必要があります。しかし、理学療法士の学校にはもう1つの方法があります。御礼奉公制度です。病院が人員確保の為に、学費を出す代わりに卒業後その病院に就職する制度です。働く場所は決められてしまいますが、その病院で働く事で学費を全額免除になります。

あらゆる病気の診断所

レディ

大阪医専大学では幅広い分野の学科を扱うことで病院にかかってから退院した後までもかかわる人材を育成する事ができ、ただ資格を取ることを支援するだけでなく、医療人としてしっかり働けるようにする支援体制が整っています。

Read More