人を救う仕事|理学療法士の学費に困ったら奥の手を使おう

理学療法士の学費に困ったら奥の手を使おう

ハート

人を救う仕事

看護師

やりがいとは

看護に携わる職業は、人の生死に関わるために重大な責任を負っています。しかし、患者やそのご家族に大きな安心と心の支えになる仕事でもあり、人との関わり合いのなかで自己充実することができるため、看護を目指す人は多いのです。しかし独学でどうにかなる世界ではなく、人間性に加えて基本的な医療やメンタルケアに関する知識が必ず必要になります。そういうわけで、専門学校に通うという選択をする人が多いのです。専門学校が人気な理由には、同じ看護という目標を持った人同士が集まるため、自然とコミュニティが形成されていきます。看護は患者対1人ではなく、患者対複数で行うので、団結力など、必要となるネットワークの構築を担う役割もあるのです。

必要なスキルを学ぶために

看護師になるためには、まず准看護学校に通い、准看護師の資格を得なければいけません。その後専門学校に入学すると、准看護師として実際に病院などの医療機関で働きながら学習することが一般的です。昼間もしくは夜間のどちらかを選択できるので、働きながら資格取得することも可能なのです。専門学校によっては、そうした就職や資格支援の制度があるほか、各病院などの医療機関と提携しているため、実務経験を豊富に積み重ねることができます。また看護専門学校を卒業すると、高校卒業と同じ認定資格を得ることができるので、病院事務など、異なる職業に就職することもできます。また現在は男性でも看護師を目指す人が増えつつあります。専門学校を選ぶ際は、支援体制や提携先、男女割合など事前にリサーチしておきましょう。